PUBLICATIONS

ORIGINAL PAPERS

PATENTS

MULTIMEDIA


    2022
    Shinoda, H., Iida, T., Makino, A., Yoshimura, M., Ishikawa, J., Ando, J., Murai, K., Sugiyama, K., Muramoto, Y., Nakano, M., Kiga, K., Cui, L., Nureki, O., Takaeuchi, H., Noda, T., *Nishimasu, H., & *Watanabe, R.
    “Automated amplification-free digital RNA detection platform for rapid and sensitive SARS-CoV-2 diagnosis”
    Commun Biol (2022)


    2021
    Shinoda, H., Taguchi, Y., Nakagawa, R., Makino, A., Okazaki, S., Nakano, M., Muramoto, Y., Takahashi, C., Takahashi, I., Ando, J., Noda, T., *Nureki, O., *Nishimasu, H., & *Watanabe, R.
    “Amplification-free RNA detection with CRISPR-Cas13”
    Commun Biol (2021)


    2020
    Soga, N., Ota, A., Nakajima, K., Watanabe, R., Ueno, H., & *Noji, H.
    “Monodisperse Liposomes with Femtoliter Volume Enable Quantitative Digital Bioassays of Membrane Transporters and Cell-Free Gene Expression”
    ACS Nano (2020)

    Sakamoto, S., *Komatsu, T., *Watanabe, R., Zhang, Y., Inoue, T., Kawaguchi, M., Nakagawa, H., Ueno, T., Okusaka, T., Honda, K., *Noji, H., & *Urano, Y.
    “Multiplexed single-molecule enzyme activity analysis for counting disease-related proteins inbiological samples”
    Sci Adv (2020) 6, eaay0888


    2018
    *Watanabe, R., Komatsu, T., Sakamoto, S., Urano, Y., & *Noji, H.
    “High-throughput single-molecule bioassay using micro-reactor arrays with a concentration gradient of target molecules”
    Lab Chip (2018) 18, 2849-2853

    Baba, K., Yoshida, W., Toriyama, M., Shimada, T., Manning, C., Saito, M., Kohno, K., Trimmer, J., Watanabe, R., & *Inagaki, N.
    “Gradient-reading and mechano-effector machinery for netrin-1–induced axon guidance”
    eLife (2018) 7, e34593

    Moriizumi, Y., *Tabata, KV, Watanabe, R., Doura, T., Kamiya, M., Urano, Y., & *Noji, H.
    “Hybrid cell reactor system from Escherichia coli protoplast cells and arrayed lipid bilayer chamber device”
    Sci Rep (2018) 8, 11757

    *Watanabe, R., Sakuragi, T., *Noji, H., & *Nagata, S.
    “Single molecule analysis of phospholipid scrambling by TMEM16F”
    Proc Natl Acad Sci USA (2018b) 115, 3066-3071

    Abe, K., Katsuno, H., Toriyama, M., Baba, K., Mori, T., Hakoshima, T., Kanemura, Y., Watanabe, R., & *Inagaki, N.
    “Grip and slip of L1-CAM on adhesive substrates direct growth cone haptotaxis”
    Proc Natl Acad Sci USA (2018a) 115, 2764-2769

    *Watanabe, R., Soga, N., Ohdate, S., & *Noji, H.
    “Single molecule analysis of membrane transporter activity by using a microsystem”
    Methods Mol Biol (2018) 1700, 321-330

    *Watanabe, R., Genda, M., Kato-Yamada, Y., & *Noji, H.
    “Essential role of the epsilon subunit for reversible chemo-mechanical coupling in F1-ATPase”
    Biophys J (2018) 114, 178-187

    Tamiya, Y., Watanabe, R., Noji, H., *Li, C., & *Komatsuzaki, T.
    “Effects of non-equilibrium angle fluctuation on F1-ATPase kinetics induced by temperature increase”
    Phys Chem Chem Phys (2018) 20, 1872-1880


    2016
    *Watanabe, R., Soga, N., Hara, M., & *Noji, H.
    “Arrayed water-in-oil droplet bilayers for membrane transport analysis”
    Lab Chip (2016) 16, 3043-3048

    *Watanabe, R., Soga, N., & *Noji, H.
    “Novel nano-device to measure voltage-driven membrane transporter activity”
    IEEE Trans Nanotechnol (2016) 15, 70-73

    *McMiillan, D. G., Watanabe, R., Ueno, H., Cook, G. M., & *Noji, H.
    “Biophysical Characterization of a Thermoalkaliphilic Molecular Motor with a High Stepping-Torque Gives Insight into Evolutionary ATP Synthase Adaptation”
    J Biol Chem (2016) 291, 23965-23977


    2015
    Li, C. B., Ueno, H., Watanabe, R., Noji, H., & *Komatsuzaki, T.
    “ATP hydrolysis assists Phosphate release and promotes reaction ordering in F1-ATPase”
    Nat Commun (2015) 6, 10223

    Soga, N., *Watanabe, R., & *Noji, H.
    “Attolitre-sized lipid bilayer chamber array for rapid detection of single transporters”
    Sci Rep (2015) 5, 11025

    Watanabe, R., Koyasu, K., You, H., Tanigawara, M., & *Noji, H.
    “Torque transmission mechanism via DELSEED loop of F1-ATPase”
    Biophys J (2015) 108, 1144-52

    Yukawa, A., *Watanabe, R., & *Noji, H.
    “Effects of an ATP analogue, adenosine 5'-[α-thio]triphosphate, on F1-ATPase rotary catalysis, torque generation, and inhibited intermediated formation”
    Biochem Biophys Res Commun (2015) 458, 515-9

    Yukawa, A., Iino, R., Watanabe, R., Hayashi, H., & *Noji, H.
    “Key Chemical Factors of Arginine Finger Catalysis of F1-ATPase Clarified by an Unnatural Amino Acid Mutation”
    Biochemistry (2015) 54, 472-80


    2014
    *Watanabe, R., Soga, N., Yamanaka, T., & *Noji, H.
    “High-throughput formation of lipid bilayer membrane arrays with an asymmetric lipid composition”
    Sci Rep (2014) 4, 7076

    Watanabe, R., Minagawa, Y., & *Noji, H.
    “Thermodynamic analysis of F1-ATPase rotary catalysis using high-speed imaging”
    Protein Sci (2014) 23, 1773-1779

    *Watanabe, R., Soga, N., Fujita, D., Tabata, K. V., Yamauchi, L., Kim, SH., Asanuma, D., Kamiya, M., Urano, Y., *Suga, H., & *Noji, H.
    “Arrayed lipid bilayer chambers allow single-molecule analysis of membrane transporter activity”
    Nat Commun (2014b) 5, 4519

    Watanabe, R., Matsukage, Y., Yukawa, A., Tabata, K. V., & *Noji, H.
    “Robustness of the Rotary Catalysis Mechanism of F1-ATPase”
    J Biol Chem (2014) 289, 19331-19340

    Arai, HC., Yukawa, A., Iwatate, RJ., Kamiya, M., Watanabe, R., Urano, Y., & *Noji, H.
    “Torque generation mechanism of F1-ATPase upon NTP binding”
    Biophys J (2014) 107, 156-64

    Watanabe, R., & *Noji, H.
    “Characterization of the temperature-sensitive reaction of F1-ATPase by using single-molecule manipulation”
    Sci Rep (2014) 4, 4962

    Watanabe, R., & *Noji, H.
    “Timing of inorganic phosphate release modulates the catalytic activity of ATP-driven rotary motor protein”
    Nat Commun (2014a) 5, 3486


    2013
    Watanabe, R., Hayashi, K., Ueno, H., & *Noji, H.
    “Catalysis-enhancement via rotary fluctuation of F1-ATPase”
    Biophys J (2013) 105, 2385-91

    Watanabe, R., Tabata, KV., Iino, R., Ueno, H., Iwamoto, M., Oiki, S., & *Noji, H.
    “Biased Brownian stepping rotation of FoF1-ATP synthase driven by proton motive force”
    Nat Commun (2013) 4, 1631


    2012
    Tanigawara, M., Tabata, KV., Ito, Y., Ito, J., Watanabe, R., Ueno, H., Ikeguchi, M., & *Noji, H.
    “Role of the DELSEED Loop in Torque Transmission of F1-ATPase”
    Biophys J (2012) 103, 970-8

    You, H., Iino, R., Watanabe, R., & *Noji, H.
    “Winding single-molecule double-stranded DNA on a nanometer-sized reel”
    Nucleic Acids Res (2012) 40, e151

    Watanabe, R., Okuno, D. Sakakihara, S. Shimabukuro, K. Iino, R. Yoshida, M. & *Noji, H.
    “Mechanical modulation of catalytic power on F1-ATPase”
    Nat Chem Biol (2012) 1, 86-92


    2010
    Watanabe, R., Iino, R. & *Noji, H.
    “Phosphate release in F1-ATPase catalytic cycle follows ADP release.”
    Nat Chem Biol (2010) 6, 814-20


    2009
    Enoki, S., Watanabe, R., Iino, R. & *Noji, H.
    “Single-molecule study on the temperature-sensitive reaction of F1-ATPase with a hybrid F1 carrying a single beta(E190D).”
    J Biol Chem (2009) 284, 23169-76


    2008
    Watanabe, R., Iino, R., Shimabukuro, K., Yoshida, M. & *Noji, H.
    “Temperature-sensitive reaction intermediate of F1-ATPase.”
    EMBO Rep (2008) 9, 84-90


    2022
    マイクロデバイス用のペプチド結合加水分解酵素検出用蛍光プローブ
    出願国:日本.出願番号:特願2022-79082
    発明者:浦野泰照,小松徹,鏡味優,坂本眞伍,笠井貴文,渡邉力也

    複数種類の標的核酸断片を検出する方法及びキット
    出願国:日本.出願番号:特願2022-064650
    発明者:渡邉力也, 篠田肇, 牧野麻美, 飯田龍也, 吉村麻実


    2021
    一本鎖RNA精製法
    出願国:日本.出願番号:特願2021-204628
    発明者:渡邉力也, 篠田肇, 西増弘志, 石川潤一郎

    酵素の測定方法、マイクロチャンバーアレイ、キット、及び目的分子の測定方法
    出願国:日本.出願番号:特願2021-199642
    発明者:安藤潤, 渡邉力也

    固相抽出を利用した蛍光プローブライブラリの調製方法、及びこれを用いた酵素活性計測方法
    出願国:日本.出願番号:特願2021-96839
    発明者:小松徹, 浦野康照, 坂本眞伍, 渡邉力也


    2020
    標的核酸断片の検出方法及びキット
    出願国:日本.出願番号:特願2020-219481
    発明者:渡邉力也, 篠田肇, 牧野麻美

    生体分子の濃縮・検出方法及びキット
    出願国:日本.出願番号:特願2020-169092
    発明者:渡邉力也, 篠田肇, 牧野麻美


    2019
    標的核酸断片の検出方法及びキット
    出願国:日本.出願番号:特願2019-125564
    発明者:渡邉力也, 西増弘志, 濡木理

    ENPP ACTIVITY DETECTION USING MICRO DEVICE
    出願国:USA.出願番号:62/858,388
    発明者:浦野康照, 小松徹, 坂本眞伍, 野地博行, 中川秀彦, 川口充康, 渡邉力也


    2018
    マイクロリアクタチップ上での濃度勾配形成方法およびマイクロリアクタチップ
    出願国:日本.出願番号:特願2018-84809
    発明者:渡邉力也, 野地博行


    2017
    脂質膜小胞の形成方法およびマイクロリアクタチップ
    出願国:日本.出願番号:特願2017-131882
    発明者:曽我直樹, 渡邉力也, 野地博行

    マイクロリアクタチップおよびその製造方法
    出願国:日本.登録番号:特許6844873
    発明者:渡邉力也, 曽我直樹, 野地博行


    2015
    脂質膜非透過性指示薬
    出願国:日本.登録番号:特許6772422
    発明者:渡邉力也, 大舘真也, 曽我直樹, 野地博行

    高密度微小チャンバーアレイおよびこれを用いた測定方法
    出願国:日本.登録番号:特許6607936
    発明者:渡邉力也, 曽我直樹, 野地博行


    2013
    高密度微小チャンバーアレイおよびその製造方法
    出願国:日本.登録番号:特許6281834
    発明者:渡邉力也, 藤田大士, 菅裕明, 野地博行



    2022
    コロナ迅速・高感度判定 理研、東大など
    化学工業日報 2022年6月2日 朝刊5面

    感染判定全自動で9分 理研など新装置開発
    毎日新聞 2022年5月31日 朝刊23面

    コロナ「9分で検出」装置 理研など開発
    読売新聞 2022年5月30日 朝刊2面

    コロナ検出9分以内で 理研など、装置開発
    日本経済新聞 2022年5月27日 朝刊38面

    新型コロナ9分で検出 理研など、全自動装置
    日刊工業新聞 2022年5月27日 朝刊25面

    コロナ9分で自動検出 理研などが開発
    東京新聞 2022年5月27日 朝刊3面

    9分で新型コロナを判定 新たな装置とは?
    日本テレビ 2022年5月27日 ZIP

    新型コロナウイルス全自動検出装置
    NHK 2022年5月26日 ニュース7, ニュースウォッチ9など

    理研9分でコロナ判定の装置開発
    TBS 2022年5月26日 News23, THE TIMEなど

    コロナ陽性を「9分」で判定
    テレビ朝日 2022年5月26日 報道ステーションなど

    理研「変異株にも対応」9分でコロナ判定全自動装置開発
    フジテレビ 2022年5月26日 FNN Live Newsなど

    2021
    PCR並み検査 5分で
    日本経済新聞 2021年11月19日 朝刊17面

    感染5分で判明。理研など新検査技術
    読売新聞 2021年4月20日 朝刊30面

    新型コロナ検査5分以内で結果
    朝日新聞 2021年4月20日 夕刊8面

    コロナ判定5分で。理研チーム開発 蛍光分子利用
    毎日新聞 2021年4月20日 夕刊7面

    新型コロナ5分で検出 理研など半導体製造技術を応用
    日本経済新聞 2021年4月20日 朝刊13面

    コロナ感染5分で判定 理研2年で実用化へ
    産経新聞 2021年4月20日 朝刊23面

    新型コロナ由来ウイルスRNA5分以内に検出。理研など半導体プロセス活用
    日刊工業新聞 2021年4月20日 朝刊26面

    理研-東大 前処理なし5踏んでコロナ検査
    化学工業日報 2021年4月20日 朝刊6面

    新型コロナ5分以内に検出 理研・東大などが検査法開発
    NHK 2021年4月19日 シブ5時

    5分以内でコロナ感染判定
    TBS 2021年4月19日 Nスタ、News23

    5分で陽性判明!理研の最新研究
    テレビ朝日 2021年4月19日 スーパーJチャンネル

    コロナ検出5分。理研X東大 最新技術
    フジテレビ 2021年4月19日 It

    2020
    血中酵素の変異 高感度検出
    日経産業新聞 2020年3月23日

    疾患に関与する血中酵素 活性異常を1分子で解析
    科学新聞 2020年3月20日

    2019
    理研の最前線 開拓研究本部 渡邉分子生理学研究室 細胞膜で生命活動解明
    日刊工業新聞 2019年11月4日

    2018
    膜タンパク質の脂質輸送過程を高感度計測
    科学新聞 2018年3月23日

    1分子ごとに高感度観察 東大など
    日経産業新聞 2018年3月9日

    2014
    未来の起源:渡邉力也
    TBS 2014年12月21日

    細胞膜再現し観察 - 東大がん化の仕組み解明に光
    日経産業新聞 2014年11月19日

    非対称性の人工生体膜 - 東大が量産技術 薬効などチップ計測に道
    日刊工業新聞 2014年11月18日

    東大グループ 膜輸送の超高感度計測に成功
    薬事日報 2014年8月2日

    毎秒30個のイオン透過、東大膜たんぱく質観察
    日経産業新聞 2014年8月15日

    東大、膜輸送体の輸送活性超高感度計測に成功
    科学新聞 2014年8月1日

    東大、細胞膜輸送体の活性度を高感度に計測する技術開発
    日刊工業新聞 2014年7月29日

    2011
    回転分子モーターのエネルギー変換機構
    日経産業新聞 2011年12月2日

    2010
    ATP合成、仕組み解明
    日経産業新聞 2010年10月20日

^